マニュアルの準備

PC操作

作成時間を短縮

アプリケーションやシステム開発を行った場合、そのアプリケーションの操作を利用者に理解してもらうことが必要になる。アプリケーションの開発を行う際には、操作性を十分考慮した作成が行われ、マニュアルなどを見なくてもほとんどの操作が直感的にできるように工夫されることが通常である。しかし、特殊な操作や効率を上げるためにはマニュアルが欠かせないということがある。マニュアル作成を行い、操作方法を明示することで誤った使い方や、操作による問題を防ぎスムーズな導入につなげていくことも可能になる。これらのマニュアル作成を行う場合、ドキュメント作成ソフトなどを用いて作成していくと膨大な時間がかかることがある。特に機能が多いアプリケーションや、画面などユーザインターフェースが多いアプリケーションでは特にマニュアル作成に時間がかかる。マニュアル作成を効率的に行うためには、ツールを導入することで効率化できるケースがある。マニュアル作成ツールでは、アプリケーションを操作していくことで、その操作に合わせて画面イメージの取得や操作方法の説明を自動的に記載してくれるツールもある。自動作成ツールを使用することで、アプリケーションを操作するのみでマニュアル作成ができ簡単に作成できるようになる。マニュアル作成ツールでは、作成の支援が中心であるため最終的には人間の手により仕上げていく必要がある。しかし、ベース部分を作成してもらえるため作業時間の短縮になる。