マニュアルとその作成

パソコン操作

作成時間の短縮化

社内システムのマニュアルや、製品マニュアルを作成する場合、一から作成すると大きな手間がかかる。システムのマニュアルなどでは、画面のスクリーンショットを取得し、それらに説明文を記載しながらマニュアル作成していくことになる。通常のシステムでは、機能が多く画面操作も多くなる。その為、多くの画面ショットを取得しながらマニュアル作成を進めていく必要がある。これらのマニュアル作成を支援するものとして、マニュアル作成ツールがある。マニュアル作成ツールでは、システムの画面などの操作を行うと自動的に画面ショットの取得などを行なってもらうことができる。マニュアル作成者は、その画面ショットに文章を添えていくなどによりマニュアル作成できるようになる。これらのツールを使用することで、マニュアル作成にかかる時間を大幅短縮することが可能になる。マニュアル作成ツールを導入する際には、選び方としていくつかのポイントがある。まずは、外国語も含めた多言語マニュアルが必要かということがある。マニュアルによっては、外国人向けなどを作成する必要がある。その際、日本語向けと合わせ外国語向けも同時に生成してくれるツールを活用することで、多言語対応が簡単に行えるようになる。また、操作性の良さも重要である。これらのツールでは作成の支援を目的としているため、操作性が悪いと逆に作成に時間がかかる。その為、操作性が良く簡単な操作でマニュアルのベースを作成してもらえるものなどが良い。